作品と言うものは、過去の物からの積み増し。

ぼくが影響を受け、そしてここで紹介するマンガは、荒木飛呂彦教員作品「ジョジョの奇妙な冒険」だ。こういう力作は、最初世紀以上になるジョースターうちとDIOとの運気を描いた力作であり、メイン人世間が、孫へ、孫へと代替わりしていきます。現在はパラレルワールドです第七部の延長線上である第八部が連載され、連載している時はも30年に取り掛かる長生き力作だ。天王山化、アニメ化と拡がりを見せ、最適人気持ち力作として成長しました。

「ジョジョ」が読者に好かれてある要素と言えば、超器量による知能戦や独特の文言回し、ポージング、迫力のあるイラストレーションの中身、カワイイ性分等があげられています。私も、どの要素も好きな理由になっていますが、特にぼくがこういう力作が恐ろしいと想う理由は、名作を土台にしている、というポイントだ。

作品者、荒木飛呂彦教員が語った「好きな動画窓口3」には「大脱走」「ジョーズ」「ゴッドファーザー」がありました。これらの力作は「ジョジョ」を構成する上で欲しい要素です。大脱走のバージル・ヒルツ(スティーブ・マックイーン)のようなメイン人世間、ジョーズのようなホラーからオープニングバトルに向かって出向くはなしの運び方、そして、ゴッドファーザーの大河ロマン。これらを混ぜたのがまさしく「ジョジョ」だ。

荒木教員は、多くの名作から吸収し、そして「ジョジョ」に活かしています。これを人まねと練る方もいますが、ぼくはそうは思いません。決定的奇抜力作と言うのはあり得ません。自分の見た一品や思い出だけでは限界があります。ミュージシャンと言うものは、多くの名作に触れ、吸収し使いこなすため始めて良い力作が出来るのだということを「ジョジョ」を通して解ることが出来ました。

私もマガジンを趣味で書いているのですが、私も「ジョジョ」のように、多くの力作に触れて、そしてそれを自分の力作に活かせたらなと思います。
女性ホルモンの増やし方が知りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です